診療予約

審美歯科

診療について

診療科目

  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 審美歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント

地図

住所
京都府京都市左京区浄土寺東田町34 洛東マンション1F
診療時間
9:30~13:30/15:00~19:00
【土曜】9:30~13:00

アクセス

院内ツアー

審美歯科Q&A

審美歯科に関するQ&A

フジバヤシ歯科クリニックに寄せられる、審美歯科に関するよくあるご質問にQ&A形式でお答えしています。

自費歯科治療の「かぶせる歯」はどのようなものですか?

陶材と同様の素材である、セラミックを主に使用します。セラミックは、水分を吸収しないため変色することがありません。また、透明感があるため健康な歯に見劣りせず自然に仕上がります。

なぜ歯は変色するのですか?

歯が変色する原因としては、加齢や色の濃い飲食物による色素沈着が考えられます。

・加齢による黄ばみ
歯は年齢とともにエナメル質が薄くなり、その奥にある象牙質の色が透けて、歯は黄ばんで見えるようになります。

・色の濃い飲食物による変色
お茶やコーヒー、紅茶、ぶどうなどにより、色素が歯に沈着することがあります。

・神経がない歯の黒ずみ
歯の神経を抜いた場合、栄養素がいきわたらず年月が経つにつれて歯が黒ずんでいきます。

・抗生物質による黒ずみ
テトラサイクリンなどの抗生物質を発育期に服用した場合、副作用で歯に黒い線が出ることがあります。

ホワイトニングは安全なのですか?

ホワイトニングは専用の薬剤を塗って歯を漂白します。漂白に使われる薬剤は、多くの研究と臨床例が報告されており安全性が確認されています。また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば問題が起こることはほぼないでしょう。

審美歯科って痛みはないのでしょうか?

痛みはほとんどありません。治療技術の進んだ現在では、審美歯科に限らず歯科治療はほとんど痛みを感じることなく行えます。「歯科治療は痛い」というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、いまや「痛くない」時代になっているのです。 また当クリニックでは、麻酔の際にも痛みを抑える工夫をしています。まず表面麻酔を綿球に含ませ、針を刺す部分に綿球をあてることで優しく麻酔をかけています。これによって針を刺したときの「チクッ」とした痛みすら感じないようにしているのです。さらに、麻酔薬の温度を体温と同じ温度にして、ゆっくりと時間をかけて麻酔薬を注入することでほとんど刺激がありません。痛みに関する心配は無用です。

歯がない期間ができることはありますか?

いいえ、治療中は「仮歯」を使用できますので、歯がない期間はありません。治療が長引いたときなど、歯がなくなったり削ったままになってしまったりする期間があるのではないか……という不安をお持ちの方は多いかと思います。当クリニックでは、治療中に仮歯を使用することで、歯のない期間をなくしています。仮歯で一時的に抜けた歯や被せ物、削った歯などをフォローできるため、治療中でも見映えが悪くなることはありません。

保険がきかないと費用は高くなりそうで不安です……。

ご予算についてなど、不安をお持ちの場合は治療前にご遠慮なくご相談ください。当クリニックでは、治療に関する綿密なコンサルティングを行っています。
・どれぐらいのご予算を希望されるのか?
・ご都合のとれる治療期間はどれくらいなのか?
・お求めの審美レベルはどれくらいなのか?
・現在のお口の状態はどのようになっているのか?
・現在必要とされる治療はどのようなものなのか?
患者様のお口の中の状況を調べながら、ご予算や治療期間などを詳細にお伝えします。当クリニックでは、医師と患者様の二人三脚で審美治療を行うことを方針としていますので、決して高額なご予算を押しつけたりすることはありません。患者様のご希望にお応えしますので、安心してお気軽にご相談ください

診療予約

pagetop

審美歯科Q&A

精密な治療のために

インプラント治療

定期検診・予防歯科

院長紹介

治療の流れについて

矯正歯科

口コミ情報

オフィシャルサイト

歯科タウン

求人情報