Medical診療案内

診療案内

当院では「ここが悪いからここだけを治しましょう」という治療ではありません。
もちろん痛みや腫れなどがある場合は即日治療し、患者様の負担を軽減していきますが、「なぜトラブルが起こってしまったか」という原因にアプローチ。お口の中全体を診て治療方針をご提案いたします。
ただ治すだけではなく、今後のお口のトラブルを未然に防ぐために患者様と二人三脚で治療のゴールを目指します。

小児歯科

健康的な口腔環境で永久歯が生えそろっていくためには、まず乳歯を健康に保つ必要があります。
虫歯のあるお子さまには適切に治療を行っていきますが、怖がっているお子さまや泣いているお子さまを無理に押さえつけるような治療は行いません。
回数や時間がかかってもしっかりとコミュニケーションを取りながら進めていきます。
また、虫歯にならないような生活習慣やブラッシング方法の指導・練習もしております。
またお子さまの矯正についても早くから取り組むことでより良い治療結果へと導くことができます。 気になることがありましたらなんでもお聞かせください。

子どもの矯正治療

お子さまの歯並びが気になる方には、成長期に矯正治療を行う小児矯正がおすすめです。
ぜひお早めにご相談ください。

小児矯正のメリット

  • 01成長を利用できる

    顎や歯の成長を利用することができるため、大人に比べてスムーズに歯の移動を促すことができます。
    ※大人になってから矯正治療ができないというわけではありません

  • 02将来的に大がかりな治療をせずに済む

    大人になってから本格的な矯正治療を行わずに済む確率が高まります。歯並びが気になる場合は、小さい頃に矯正治療を行うことをおすすめします。

  • 03 抜歯のリスクが減る

    大人になってから矯正治療を行う場合、歯が並ぶスペースを確保できずに抜歯をしなければならないケースがあります。
    しかし、小児矯正を行っていれば、抜歯を行うリスクを減らすことができます。

小児矯正はいつから始めればいい?

小児矯正は、一般的に混合歯列期に行います。
歯並びが気になる場合は、乳歯から永久歯に生え替わりはじめた頃にご相談頂くと、良いタイミングで治療が始められます。

小児矯正のポイント

ケアの基本を教えます 矯正装置を付けると、ケアが難しくなり、虫歯になりやすくなります。 そのため、歯ブラシの基本を身につけ、虫歯を予防する必要があります。 特に歯並びが悪いと汚れが溜まりやすいので、念入りに磨く意識を持つことが大切です。
クセを直す 爪咬みや指しゃぶり、頬杖など、歯並びにとって悪いクセがある場合は、改善します。
歯が並ぶスペースを作る 乳歯から生え替わる前に、大人の歯(永久歯)が生えてくるためのスペースを確保します。 矯正装置を取り付けて顎を拡げることでキレイに歯が並ぶように準備をします。

床矯正について

床矯正は、装置を使って顎を拡げ、歯が並ぶスペースを確保することでキレイな歯並びを実現する矯正治療です。
ワイヤーやブラケットで歯を動かしたり、歯を抜いたりせずに済むため、負担が少なく自然な方法といえます。
また、ワイヤーやブラケットを使った矯正治療よりも治療費が安いのが特徴で、顎の発育途中のお子さんにおすすめの矯正治療です。
昔から行われている安全な方法ですので、安心してお受けいただけます。

床矯正のメリット・デメリット

  • メリット

    早期治療すれば、治療費が安く済む
    装置が取り外せるので衛生的
    汚れが溜まりにくく、虫歯になりにくい
    無理に歯を動かさないため痛みが少ない
    抜歯をしないで済む確率が高まる

  • デメリット

    装着時間を守らないと治療が長引く
    取り外したときに装置を壊してしまう恐れがある
    ケースにもよるが、1日14時間以上装着する場合もある
    装着時に違和感がある

床矯正の注意点

患者さまの症状に床矯正が適合しないと判断した場合は、ワイヤーやブラケットを使った矯正治療をおすすめすることがあります。
また、床矯正は他の治療と組み合わせた方がメリットが大きくなる場合もありますので、それらを踏まえて最適な方法をご提案します。
床矯正をお考えの方はお気軽にご相談ください。

矯正歯科

矯正歯科が専門の歯科医師が治療を担当します。まずは患者さんの歯並びをご自身で把握して頂き、治療計画を説明します。
また、矯正装置は銀色に光って目立つというイメージがあるかと思いますが、最近は目立ちにくい装置も導入されており、 中にはカラーゴムでおしゃれを楽しむ方もいらっしゃいます。まずは装置の種類や治療にかかる費用などを知りたいという方も、お気軽にご相談ください。

フジバヤシ歯科クリニックの矯正歯科

当院では、患者様にご自身の歯並びや噛み合わせの状態がどのようになっているのかを最初に把握していただき、それに対してどのような治療を行うのかをご説明し、ご理解をいただいたうえで治療を開始しています。
歯並びや噛み合わせなどのお口の状態は患者様によって異なり、治療計画や治療期間も変わります。
当クリニックでは、矯正歯科治療に関することは専門医が担当し、患者様のお口の状態に合わせた治療をご提供します。
また、矯正の過程で悩むことなく、より美しい歯を手に入れるために、装置の種類や治療法、治療期間、ご予算など、患者様それぞれのご要望に合わせた矯正治療を行っています。詳しくは当クリニックまでお気軽にご相談ください。

現在の矯正の考え方

矯正というと、金属製の矯正装置が目立ってイヤだと思う方がいるかもしれません。
しかし現在では、セラミック製のものや透明なものなど目立たない装置も開発されています。
また、なかにはおしゃれなカラーゴムなどを使用する方もいらっしゃいます。

大人の矯正のポイント

理想は、顎が成長しきっていない子供時代に矯正治療を行うことです。
しかし、大人になってからでも矯正は十分可能です。現在は歯科医療技術が進歩して、成人しても矯正治療が受けられ、一定以上の効果が期待できます。

  • 歯周病の発見と治療

    歯が失われる原因は虫歯や年齢による歯の衰えが大半だと思われがちですが、実は歯周病が第一位です。
    歯周病は、気づかないうちに進行していることが多いです。
    歯周病をそのままにして矯正すると歯が動きにくくなるだけでなく、歯周病が進行して歯が抜け落ちてしまう危険もあります。
    大人になってから歯を矯正するには、歯周病を治療してから開始することが大事です。

  • 虫歯の発見と治療

    歯の矯正治療を行う前に虫歯を完全に治し、まず健康な歯を取り戻さなければなりません。
    特に虫歯は本人が気づかないうちに発生し、進行してしまう病気。矯正治療を受ける前に歯の検診を受けて虫歯の有無を確かめ、発見された場合には虫歯をしっかり治療することに専念しましょう。

  • 被せ物の確認

    すでに虫歯の治療を受け銀歯やセラミックなどの被せ物がある人も多いでしょう。
    矯正治療前に被せ物の状態についてしっかり診察を受けることも、安全に治療を受けるにあたっては大切です。

インプラント治療

自分の本来の歯と同じような力加減で噛むことができ、審美面でもメリットのあるインプラント治療ですが、費用が高く治療期間が長い、そして手術を伴うというデメリットもあります。
当院では患者さんの不安を軽減するため精密な検査と丁寧な説明をしてから、手術を行っています。
オペ室は滅菌対策を徹底しており、手術中はスタッフが患者さんに声掛けし、リラックスして頂けるよう心がけています。

インプラントで、大切な歯の機能を取り戻す

「失ってはじめて、歯の重要性に気づかされた…」という方も少なくありません。「食べたいものが食べられない(咬めない)」「滑舌が悪くなって流暢に話せない」など、これまで当たり前のようにしていた行為が急にうまくできなくなり、ショックを受けるという方もいらっしゃいます。
そうした経験をしてしまった方のために、京都市左京区の歯医者「フジバヤシ歯科クリニック」では大切な歯の機能を取り戻すインプラント治療に対応しています。
インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(=インプラント)を埋め込み、その上部に人工の歯冠を装着して歯の機能と見た目を同時に補う治療法です。
人工歯根に用いられるチタンには顎の骨としっかり結合する性質があり、1本で独立して固定されるので、本物の歯のような咬み心地を再現できます。

インプラントと他の補綴治療の違い

失った歯の機能を補う治療(補綴治療)には、インプラントのほかに入れ歯やブリッジといった選択肢があります。
それぞれの治療の特徴は、以下の比較表でご覧ください。

インプラント 入れ歯
(保険適用のケース)
ブリッジ
概要 歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、
その上部に人工の歯冠を被せる治療です。
失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、
バネや入れ歯安定剤などを使って口腔内に装着する治療です。
横並びに歯を失った場合に、両脇に残った歯を支台にして
連なった人工歯を被せる治療です。
メリット ・周囲の歯を傷つけない
・見た目が自然で美しい
・咬んだ際の違和感がなく、
硬いものでもしっかり咬める
・金属アレルギーのリスクがほとんどない
・顎の骨がやせにくい
・外科治療が必要ない
・比較的簡単な治療で済む
・治療期間が短い
・保険が適用されるので治療費(自己負担額)が安く済む
・見た目が自然
・固定式なので咬んだ際の違和感が少ない
・使用する素材や場所によっては保険が
適用されるので治療費が抑えられる
デメリット ・自費診療なので治療費が高い
・負担のかかる外科手術が必要になる
・全身疾患がある場合や顎の骨量が少ない場合などは、
治療を受けられないことがある
・治療期間が長期に及ぶことがある
・見た目が不自然で目立つことがある
・しっかり咬むことができないことがある
・バネを使った入れ歯の場合は隣の歯に負担がかかる
・使っているうちに合わなくなってくる
・ブリッジを固定するために両脇の歯を削る必要がある
・支えとなる歯を将来的に失ってしまうことがある
・適用できないケースがある
・顎の骨がやせることがある

インプラント治療の流れ

STEP1 検査・資料採取(CT撮影含む) CT撮影など、詳しい検査を行います。
STEP2 カウンセリング カウンセリングで患者様の不安やご要望についてくわしくうかがいます。
インプラント治療に関するご説明も、この際に丁寧に行います。必要に応じて、歯周病や虫歯などの治療を先行することもあります。
STEP3 術前クリーニング 術後お口の中にトラブルがでにくいように、手術前にクリーニングさせていただきます。
STEP4 1次オペ手術 ドリリングによって開けた穴から人工歯根(インプラント)を埋め込みます。
手術後の患部の状態(出血や腫れなど)を確認し、問題がなければ1次手術は終了となります。
STEP5 2次オペ手術 3~6ヶ月を目安に、チタン製の人工歯根と顎の骨がしっかりと結合するのを待ち、結合したら再び歯肉を切開して人工歯根にアバットメント(連結部)を装着します。
STEP6 被せ物を装着・完成 歯肉が治癒したら歯型を採り、患者様に合わせて人工歯を作製します。
まわりの歯に溶け込む、自然な白さの歯をご用意しますのでご安心ください。人工歯ができましたら、インプラントに取り付けて完了です。
STEP7 メンテナンス インプラント治療後は、歯周病の症状に似た「インプラント周囲炎」に注意が必要です。
定期検診でメインテナンスをしっかり行えば、長期的にインプラントを使用できます。

当院のインプラント関連治療

  • インプラントオーバーデンチャー

    インプラントを固定源として装着するタイプの総入れ歯です。最少4本のインプラントで総入れ歯を固定できます。 入れ歯安定剤を使用する一般的な総入れ歯が合わないという方に適しています。

  • 抜歯即時埋入

    条件に応じて、抜歯したその日のうちにインプラントを埋め込むことができる治療法です。
    通常の「2回法」に対して「1回法」とも呼ばれます。手術が一度で済むため、治療期間も全体的に短くなります。

  • サイナスリフト

    上顎の骨が薄い場合に上顎の粘膜をはがして人工的に骨をつくり、そこにインプラントを埋め込めるようにする治療です。顎の骨が3~5mmのケースで行い、大幅な骨の形成が可能です。

  • ソケットリフト

    サイナスリフトと同じく上顎の骨が薄い場合に行われる治療ですが、サイナスリフトよりも顎の骨に厚みがあるケースで用いられます。
    小さな穴を開けてそこから骨をつくるので歯ぐきを切開する必要がなく、負担を抑えられます。

  • GBR法

    骨の少なくなっている部分をメンブレンという特殊な人工膜で覆い、歯肉が入り込まないようにしながら骨を再生させる方法です。
    顎の骨が大きく溶けてしまった場合に、用いられます。

インプラント治療を受けた方へ

埋め込んだインプラントを維持するためには、歯肉や歯を支えている顎の骨の健康を保つことが欠かせません。
インプラントは人工物なので虫歯にはなりませんが、治療後のメインテナンスを怠ると、その周囲の歯肉が炎症を起こし、そのまま放置するとインプラントを支えている顎の骨が破壊されてしまうことがあります。それがインプラント周囲炎です。
せっかく埋めたインプラントが抜け落ちてしまうかもしれない怖い病気です。

インプラント周囲炎を防ぐには、ご自身で健康な歯と同様に丁寧なブラッシングを心がけるとともに、歯科医院での定期検診を受け、セルフケアとプロフェッショナルケアのダブルケアでメインテナンスしていく必要があります。

075-771-3388 WEB予約

〒606-8411 京都府京都市左京区浄土寺東田町34 洛東マンション1階
「銀閣寺道」バス停から徒歩1分

診療時間 日・祝
9:30~13:30
15:00~19:00

診療時間 9:30~13:30/15:00~19:00 【土曜】9:30~13:00
休診日:日曜・祝日